So-net無料ブログ作成

町内会もめ事 [神社]

10月中旬、町内の神社の祭りが行われた。役員なので、前日神社の掃除や幟り立てと提灯取付を行い翌日、宮司をお迎えし祭りが行われた。祭典が終わり宮司が固い表情で、喋り出した。始めは何の事か分からず聞いていたが、話を聞いているうちに、氏子の様子が、異様なので何か大変な事があったのだろうと思い、よく聞くうちに状況が分かってきた、神社の役員が途中で辞めて、次の役員が決まらないまま1年以上が過ぎ、この間春と秋の維持費を集める者がいなくて、未納のままの状態が続いていた。その間、宮司が次の役員を決めて頂く様に文章を送るが、何の返事も無い。その間も、80歳過ぎた宮司が、80段位ある石段を昇降して、神社の参りを毎月ていた。ここの石段を昇るのは、若者でも1度は途中で休まない昇れない位で、80歳を過ぎた老人には、かなりきつく2-3度は休まないと昇れなかったと思う。おまけにただ働きでは、一層きつく腹が、煮えくり立っていただろう?「何回か、次期役員を決めて維持費を収める様に催促するが、何の返事も無い。その間も毎月私はこの神社のお参りは欠かしてい無い。この状態が続くなら、この神社を登録から外す事も考える」とかなり険しい表情で話して帰られた。氏子はただすみませんと謝るばかりだった。その話中に、周りを見ると、途中で辞めた前役員の姿はなかった。恐らくこの話が有る事を察した逃げたのだろう。後で聞くと、前役員はその前の役員が何か嫌なの事があり、途中で辞めた後を渋々受け継ぎ、受け継いだ役員も何か嫌なことが有り次の役員が決まらないまま、途中で辞めたとの事で、それぞれの辞めた理由は分からないが、途中で辞めるには、余程の事があったに違いない。この役員で、1つ問題は任期が決まっていない事だ、もう1つの問題は町内会に所属してないので、途中で無くなると、何処にも言って行くところがなく、事が進まない。・・・子供がすくなくて子供会がなくなり、恒例の子供神輿も担ぐ人もいないなら、これからも子供が減り老人が増えるのは、分かり切っている。この際だから辞めてしまえばいいのにと思う。  あああこれから、もめさん返して、誰かが次を受けるのだるう。 あああ馬鹿くさい!!!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。